G1で食品温度管理

 G1で食品温度管理

f:id:covia:20170830162454j:plain

G1にはケース筐体内の温湿度が測れるセンサーが内蔵されていますが、外部の環境温度や冷蔵庫/冷蔵庫の温度測定のために、外部温度センサープローブが接続できます。これはMAXIM社の1-wireと呼ばれるインターフェースを採用しています。温度測定には専用のアプリが必要で、サンプルアプリをご提供しています。

 

www.maximintegrated.com

 

コネクタ端子

f:id:covia:20171114112122p:plain

 

冷蔵庫の温度管理

食品衛生法により冷蔵(10℃以下)、冷凍(-15℃以下)となっており、測定装置としては-30℃程度までの測定と記録が求められます。今回G1の温度センサープローブを使い、測定したデータをクラウドに上げる実験をしてみました。

 

G1のセンサープローブをドライアイスの上に設置

f:id:covia:20170830141951j:plain

クラウドサーバーにあげたログ

f:id:covia:20170830142122p:plain

ログをアップロードしているテストサーバー

http://pdata.covia.jp/temp/data/

結果

G1の3G/LTE通信を使い、温度センサープローブで測定した低温をクラウドサーバーで管理することを実証実験しました。