G1 EnOcean(エナジーハーベスト無線)

G1は屋外や車載でのご利用が多いため、通信は携帯無線かWi-Fiで、センサー側は1-wireの有線かBluetoothが使われることが多いですが、LPWAやEnOcean対応も行っています。ここではエナジーハーベスト無線で電池が不要なセンサーが使えるEnOceanを使う例をご紹介します。

 

ROHM製EnOceanドングルとセンサー

G1はOTG対応のUSBポートを持っており、 Yケーブルを使うことで給電しながら、USBドングルを制御することが可能です。これに太陽電池で稼働するマグネットコンタクトモジュールをモニターします。

f:id:covia:20180201183822j:plain

PCで動作確認  

f:id:covia:20180201183853j:plain

Androidアプリ 

試験用のアプリを開発中です。(後日公開予定)

ROHM社技術情報サイト

micro.rohm.com

 

 使用しているデバイス