Acty-G3 指定シャットダウン&ウェイクアップ(固有の機能)

指定シャットダウン&ウェイクアップ

f:id:covia:20200730134147p:plain

Acty-G3をバッテリーで長時間運用させたい場合は、動作中以外の期間をパワーオフ(ベースバンドオフ)させておき、必要なタイミングでウェイクアップさせることが必要になります。これを実現するためのスケジュール機能を実装したサンプルソースコードをご提供していますが、一般公開はしておりません。ご入用の場合は、弊社営業担当にご依頼ください。スケジュール機能へのアクセスにはsystem permissionが必要なため、この機能を使うapkはcovia keyで署名されている必要があり、keyを一緒にご提供します。

 

このサンプルアプリでは、無限に繰り返し動作にならないように、起動後のapkを起動は止めており、一回限りの動作になっていますが、ソースコードのコメントに従い、自動起動させるように修正できます。起動後に、"Intent ACTION_BOOT_COMPLETED"を使って、所定のapkを起動してください。

動作説明

G3_Wakeup_Test-WakeupTime_signed.apk

  1. 3分後にG3をシャットダウンし、入力する指定時間後に再起動させる。

Covia Alarm

 

注意事項

  1. スケジュール機能を呼び出すapkは、covia keyで署名されている必要がある。
  2. 起動のために追加されたalarmmanager.setExact(7, cal.getTimeInMillis(), pendingintent);は、システムの起動にのみ有効であり、他のスケジュール動作には使用できない。
  3. 指定できるのは起動を開始する時間であるため、Androidの起動に要する時間は独自に考慮いただく必要がある。
  4. スケジュール動作には充電されたバッテリーが必須であり、バッテリー残量が0になったり抜き差ししたりすると、設定されたスケジュールは失われる。