Acty G1/G2の独自アプリの更新方法

Acty G1/G2には独自のアプリを開発し、実装した状態で運用していただくのが一般的です。運用開始後に、そのアプリをアップデートされたい場合があると思いますが、Androidの仕組みではアプリのアップデート時にはダイヤローグメッセージがポップアップし、入…

G1/G2 固有の機能と開発方法

G1/G2のアプリは通常のAndroid開発環境で開発できますので、固有のSDKのご提供はいたしておりません。以下のG1/G2固有の4機能の制御方法についてはサンプルアプリとソースコードをご提供しています。ダウンロードリンクにつきましては、弊社の営業経由でお問…

Acty-G1/G2にPTTアプリZelloを導入する手順

Acty-G1/G2にPTTアプリZelloを導入する手順 1. Google Playストアから「Zello PTT Walkie Talkie」をインストールします。 2. インストールした「Zello」を起動します。 3. 新規アカウントを作成する場合は「Sign Up」を選択し、必要な情報を入力します。 既…

Acty G1/G2とPTT方式IPトランシーバー

Acty G1/G2とPTT方式IPトランシーバー Acty G1/G2は携帯無線(3G/4G)通信を内蔵したGPSトラッカーであり、タクシー、バス、トラックなどのGPS位置情報を元にした運行管理に最適です。 Acty G1/G2でのGPSトラッカー用途には、スピードの遅いIoT用のSIMで十分で…

G1 車載電源利用での注意事項

車載電源は、一般にシガーソケット(12V)で利用されています。車両には発電用のオルタネーター、エンジン始動用のモーター、エアコンコンプレッサーの電動クラッチなど、高電圧スパイクを発生するノイズ源が多く存在します。 シガレットソケットを利用する車…

G1 アプリの自動更新手順

G1は独自のアプリをインストールしていただき、サービス運用を行うことが一般的です。この独自アプリを一台ずつインストールしたり、SIM情報などの初期設定を行う出荷時の作業(キッティング)を出来るだけ簡略化するための自動化の仕組みは、以下のようなもの…

G1 IoTゲートウェイ

Acty-G1が、オージス総研様のIoTかんたんパックにおいて動作検証済センサー・デバイスとして認定いただいております。 センサー・デバイス|クラウドプラットフォームならオージス総研