IoT温湿度センサー 「BC-10」のご紹介

IoT温湿度センサー 「BC-10」 「BC-10」は、サイズ44mm×44mm×8mm、重さ19gとコンパクトな温湿度センサーです。交換可能なコイン形リチウム電池CR2450を搭載しており、データ通信フォーマットはBLE(Bluetooth Low Energy)のビーコン形式です。 仕様 BC-10デ…

Acty-G1/G2 BLE Beacon Gatewayアプリとクラウドサーバー

Acty-G1/G2は、操作画面を持たない汎用のAndroid OSを搭載した組み込み機器であり、実際のご活用には独自にアプリを組み込んでいただく必要があります。BLE Beacon Gatewayとしてお使いの場合は、ここでご紹介する弊社のアプリとサーバーを使って、開発着手…

Acty-G1/G2 開発者サービスの更新と無効化

Google開発者サービスのアップデート Google Play開発者サービスは、GPSでの位置測位を始めとするGoogle社のクラウドサービスを利用するためにアプリとクラウドサーバーを仲介するためのものです。Googleサーバーにアクセス可能であれば、アカウントログイン…

Acty-G1/G2 閉域網での位置測位

閉域網 インターネットのように誰もが利用できるオープンなネットワークに対し、通信事業者が自社のサービスとして構築した“閉じた”ネットワークを閉域網と呼びます。閉域網の“閉じた”とは、「インターネットから直接アクセスを受けない」ことを意味します。…

Acty-G1/G2を工場出荷時状態に戻す(初期化)

Acty-G1/G2は以下の手順で、工場出荷状態に戻す事ができます。 操作手順 [1] 端末を起動し、右側のシステムLEDが緑点滅であることを確認する。[2] バッテリーカバーを外し、写真の赤枠の位置にあるリセットスイッチを電源が入った状態で5秒間(右側の電源LED[…

Acty-G1/G2のLED表示

LED表示の動作説明 Acty-G1/G2には、2つのLEDインジケーターがあります。ここではUSBコネクターを下にして、二つのLEDを右側・左側と呼びます。 右側 システム状態(アプリから操作不可)左側 起動後はアプリから任意に操作可能 下画像はAndroidが起動中(LED…

Acty-G1/G2のセンサー(内蔵と外部ポート)

Acty-G1/G2は、内部に加速度センサー、ジャイロセンサー、温度センサーを内蔵しており、Android APIとして以下の様な値を読み出せます。 加速度センサー センサー軸 : x,y,z方向 3軸出力範囲 : 39.2m/s^2 ( 4G )分解能 : 0.0012m/s^2 (0.0001G)サンプリング …