Acty-G3 F/Wバージョン

[更新日 : 2021年 2月 15日]

Acty-G3の最新ファームウェアの改修内容をご連絡します。

バージョンは、[設定]-[デバイス情報]-[ビルド番号]の表記をご確認ください。

ビルド番号 : G3_20210303

標準バッテリーに対応したファームウェア

・ローバッテリー時の充電電圧の見直し

 

ビルド番号 : G3_20210114L

大容量バッテリーに対応したファームウェア

・容量表示の調整

・使用できる容量範囲の拡大

 

大容量バッテリー対応ファームウェアに書き変え後の注意

Acty-G3では、標準バッテリー(1,800mAH)、大容量バッテリー(5,200mAH)どちらのバッテリーを装着しても安全にご利用いただけますが、出荷状態では、標準バッテリーに最適化した仕様となっております。標準ファームウェアのままで、大容量バッテリーをお使いいただくことは可能ですが、電池容量は全体の80%程度しか使えません。ご確認用に短期的にお使いいただく程度とし、実際の運用時は、大容量バッテリー専用ファームウェアをお使いください。大容量バッテリー対応ファームウェアへのアップデートはFOTAにて提供します。

 

FOTAの実施は事前にご了解いただいた上で、個別(IMEI単位)に行いますのでご安心ください。

※ この大容量バッテリーに最適化したファームウェアに更新すると、標準バッテリーは使えなくなります。非常に危険ですので、更新後に標準バッテリーへ戻すことはくれぐれもお控えいただきますようご注意ください。