Acty-G3 OTG接続時の電源供給

外部機器をOTG接続で使用

f:id:covia-takeda:20200828100349p:plain

USBカメラ、USB-オーディオ変換ボード、USBシリアル変換ボードなどを、Acty-G3をUSBホストとしてOTG接続で利用する場合は、Type-CをType Aへ変換するOTGケーブルが必要で、一般的にはホスト(Acty-G3)から電源を供給して動作します。しかし、消費電力が大きい外部機器や、ホストのバッテリー消費をせずに長時間動作を行う場合、外部給電により動作出来るように、DCジャックからの給電が有効になっています。これは設定を変更すれば、内蔵バッテリーから供給することもできます。初期状態では、内蔵バッテリーからのOTG機器への給電は行われませんので、ご注意ください。

 

DCジャックからOTG電源を供給する場合(デフォルト)

  1. Acty-G3のDCジャックから外部電源(5V)を供給
  2. USB機器を接続

 

内蔵バッテリーからOTG電源を供給する場合

  1. Acty-G3、[設定]-[システム]-[詳細設定]-[otg]のスイッチをONにする
  2. 設定後、Acty-G3を再起動する(再起動しないと有効になりません)
  3. USB機器を接続

 

[OTGのスイッチ]
画面は、OTGスイッチが有効になった状態です

f:id:covia-takeda:20200828105719p:plain

 OTGをOFFに変更するときも、設定後に再起動を行います。

 

 

動作確認済みのOTGケーブル