Acty-G3 2種類のバッテリーの取り扱い

Acty-G3の2種類のバッテリー

Actyシリーズの前機種では大容量バッテリーモデルと薄型軽量モデルに別れていましたが、Acty-G3では2種類の容量の異なるバッテリーの搭載が可能になりました。これにより、モバイルバッテリーなどを使わなくても、大容量バッテリーでの運用が可能になります。大容量バッテリーの装着時にはバッテリーカバーの交換が必要で、バッテリーと共にお求めいただけるように専用バックカバーと一緒にセット販売させていただいております。

 

Acty-G1(バッテリー別売)

搭載可能バッテリー 1900mAh

Acty-G2(バッテリー別売)

搭載可能バッテリー 3800mAh

Acty-G3(標準バッテリー同梱)

標準バッテリー 1800mAh

オプション大容量バッテリ 5200mAh

 

Acty-G3専用大容量バッテリーオプションキット

f:id:covia:20201016141739p:plain

大容量バッテリーと専用バックカバーが同梱

f:id:covia:20201016141845p:plain


 

大容量バッテリー装着時のご注意

2種類の充放電特性の全く異なるバッテリーを共通のファームウェアでサポートすることには限界があり、Acty-G3の標準状態では、標準バッテリーのご利用に最適化させていただいており、大容量バッテリーはその仕様限界値に沿った運用は行っていないため、定格容量最大までのご利用はできませんが、標準の状態ではどちらのバッテリーを装着しても、安全にご利用いただけます。Acty-G3は業務用途の製品のため、民生用のスマートフォンとは異なり、単に最大利用可能時間の追求ではなく、入力電源変動や瞬断のためのバッファーとしてのご利用のケースも多く、むしろバッテリーの安全性や長寿命化が求められることが多いためです。一方で、大容量バッテリーをお使いのケースは、バッテリーのみの運用時に、最大限の長時間運用を追求されるアプリケーションがありますので、大容量バッテリーに最適化したファームウェアのご提供を行っております(現在準備中)

 

標準ファームウェアでも8割程度の容量で安全にお使いいただけます。大容量バッテリーに最適化したファームウェアに更新すると、その限界仕様に沿ったご利用が可能になりますが、ファームウェア更新後は標準バッテリーでの安全なご利用は担保できなくなるため、そのまま標準バッテリーへ戻すことはくれぐれもお控えいただきますようご注意ください。標準バッテリーをご利用になる場合は、ファームウェアを元に戻す必要があります。